医療と心療心を扱うカウンセラー

カウンセラー

メンタルケア心理士の資格を取得することで、メンタルケア心理士として働くことができます。メンタルケア心理士とは、相談援助知識を持っている人のことです。ただのカウンセリングとは異なります。

» 詳細を確認する

必要な資格

メンタルケア心理士として働くためには、資格試験に合格して、資格を取得する必要があります。その資格を取得するためには、講座を受講する必要があります。ただ、講座は通信教育だけで終了することができます。

» 詳細を確認する

需要

メンタルケア心理士として働く前に、気になるのが、その需要です。メンタルケア心理士が活躍できる場所は、福祉や医療、教育などです。カウンセラーが不足していることもあり、メンタルケア心理士の需要は高まってきています。

» 詳細を確認する

メンタル面

最適な産業医を見つけてくれるサービスがこちらです。レベルの高い医師を紹介してもらえるので安心ですよ。

カウンセラーの違い

ウイルスや細菌が原因ではなく、ストレスが原因で病気になる、ということはよくあります。
それぐらいストレスというのは体に悪いものなのです。
ストレスは、メンタル面と関係していますが、病院ではそのメンタル面をサポートしてくれる診療科もあります。
それが心療科です。
心療科は、病気を体だけではなく、心理面や社会面なども考慮して、それぞれの関係性を評価しながら、総合的に見ていこうという医学になります。
心理面は、目には見えないものですから、難しい部分ではありますが、その目に見えない部分がとても重要なのです。

メンタル面のサポートをしているのが、メンタルケア心理士やメンタルケアカウンセラーです。
どちらも同じく、メンタル面をサポートしているのが、それぞれ異なる部分もあります。
大きな違いというのは、必要な資格です。メンタルケア心理士よりも、メンタルケアカウンセラーの方が資格を取得するのは簡単です。
その資格では、メンタルケアに関する基本的な知識を学ぶことができます。
対して、メンタルケア心理士は、メンタルケアカウンセラーのメンタルケアの基本的知識に加えて、医学的な知識も身につける必要があるのです。
メンタルケアと医学的な知識と幅広い知識があるので、将来的にカウンセラーになりたいと思っている人にとってはぴったりの資格なのです。
しかし、その分メンタルケアカウンセラーよりも、資格取得は難しくなるので注意が必要です。

意外と溜まっているかもしれません。ストレス診断をすることで溜まっているか知ることができます。簡単にチェックできるので行ってみましょう。

ページのトップへ戻る