需要

カウンセラーの技術を身に付けられる資格は様々あります。その中でも、比較的新しい資格がメンタルケア心理士の資格です。
新しいので認知度はあまり無いのですが、活躍できる場所は広がってきていて、需要も高くなってきています。
メンタルケア心理士という資格が誕生した当初は、年に2回だけしか試験は実施されませんでしたが、それから増えてきていて、現在では年に4回の試験が行われています。
試験が増えているということは、それだけ需要が増えてきているということになります。
メンタルケア心理士の資格範囲は、精神解剖生理学から、カウンセリングまで幅広い専門知識になります。
このような専門知識を活用できるのが、教育や医療、福祉などです。企業のカウンセリングルームなどでも、メンタルケア心理士は活躍できます。
この中でも得に需要が増えてきているのが、医療や福祉の分野です。

メンタルケア心理士の需要は高まってきていますが、更にメンタルケアについて深く学びたい場合は、メンタルケア心理専門士の資格を取得すると良いでしょう。
メンタルケア心理専門士は、メンタルケア心理士の上位資格にあたります。
その知識を活用して様々な場面で活躍できるだけではなく、メンタルケア心理士や専門士の講師になることもできます。
また、働きたい業界がある場合は、その業界に隣接する資格を取得しておくと、更に有利になります。
高齢化社会では、高齢者の問題だけではなく、介護士などの働いている人々のサポートも必要になるのです。
そのため、これからメンタルケア心理士の活躍が期待できます。

ページのトップへ戻る