必要な資格

幅広い知識があり、多くの人の役に立てるメンタルケア心理士になるためには、資格試験に合格して、資格取得する必要があります。
誰でも資格試験を受けられるというわけではなく、受験資格をクリアして、初めて資格試験を受けられます。
メンタルケア心理士は、幅広い知識が必要ですから、資格取得は簡単ではありません。
初めて、メンタルケア心理士のことを学ぶという人は、その情報量の多さに驚きます。しかし、メンタルケア心理士の通信講座などもあるので、誰でも学ぶことができます。
メンタルケア心理士の講座を受講して、通信教育が修了したら、試験を受けることができます。
講座だけではなく、試験も在宅試験になります。
家で試験を受けて、書留で返送したら、後は結果を待つだけです。合格通知がきたら、次は学会への入会と認定証発行の手続きに入ります。
学校に所属することで、メンタルケア心理士として活動することができます。

メンタルケア心理士の講座を受講しなくても、認定心理士や産業カウンセラー初級の資格を取得している人は、すぐに受験することができます。
また、四年制大学の心理学部や学科を卒業した人も、受験資格があります。
メンタルケア心理士の試験は、学科試験と実技試験の2つあります。
学科試験は、メンタルケア心理士の知識の正確かどうかを問うものになります。対して、実技試験は、原稿用紙2枚程度に問い対して客観的事実を述べるというものです。
試験対策として、模擬試験や修了試験を行っておくと良いでしょう。

ページのトップへ戻る