ストレスと戦うために

カウンセラーや、メンタルケア心理士などの言葉を聞くと、多くの人が精神的な病気がある人のためと思っている人は多いですが、それは勘違いです。
精神的な病気がある人、感情的な病気を患っている人だけではなく、健康的な人もストレスを貯めてしまうからです。
今では、人間関係での問題や、感情の衝突などが非常に多いです。
昔も、ストレスを抱えるようなことがあっても、それを誰かに相談することが多かったのですが、今の時代では、我慢したり、1人で抱え込んだりすることが多くなったのです。
そのため、病気になったり、精神的に病んでしまったりすることが多くなっているのです。
しかし、そのようなときにメンタルケア心理士などに相談することで、気持ちが楽になり、ストレスも軽減できるのです。
このようなスタイルというのは、欧米の影響を受けていることもあります。

外国では、当たり前のように数十年ほど前からカウンセリングや専門家に相談して、ストレスの対処をするというのが行われていましたが、日本ではあまり行われていませんでした。
それから、日本でもメンタルケア心理士のようなカウンセラーへのカウンセリングをしたり、アドバイスが記載されている本が発売されたりしたことで、注目を浴びたのです。
急にカウンセリングなどの文化が入ってきたので、そのようなことを扱うメンタルケア心理士やカウンセラーが必要になったのです。
病院などでもカウンセリングはいますが、医療分野は敬遠されがちです。
メンタルケア心理士は医師ではないので、その分楽な気持ちで患者も相談できるのです。

ページのトップへ戻る